メディプラスゲルの使い方

皮膚科医もお墨付きのメディプラスゲルは、今や全国のクリニックやテレビ局のメイクルームでも使われています。医療のプロと美容のプロが認めているのです!
メディプラスゲルには美容成分がたっぷりと配合されています。ボトル式なので使いやすく、朝は2プッシュ、夜は3プッシュを肌につけます。少しツノが立つくらいの柔らかさで、スッと肌になじみます。乳化剤を使用していないため、触りすぎるとゲル特有のモロモロがでるそうですから、やさしく扱うことがポイントです。朝のメイク前は使用量を少なめにして、乾燥が気になる部分だけ重ねつけすればいいようです。乾燥する冬は多めにつけて寝ると、翌朝しっとりしますよ。
「肌が疲れているな」と思ったら、メディプラスゲルでパックすることをおススメします。メディプラスゲルをたっぷり塗って、水を含ませたフェイスシートを顔にのせて10〜15分くらい放置します。すると、みずみずしくてぷるぷる肌に変わっていくのが分かるはず。ゲルが残っていたら、顔になじませて終わりです。パックの役目まで果たしてくれるなんて、本当にオールインワンですね。
使いやすくて優れた効果を発揮するメディプラスゲル。ポンプ式なのは中身が空気に触れにくいから酸化しないというメリットもあるそうです。実によく考えられていますね。

Copyright© メディプラスゲルは、皮膚科医も奨めるオールインワン化粧品 All Rights Reserved.